緩くいこうぜ、人生長いんだ。

What matters is how you live your life.

TOASTMASTERS役員研修

何かに積極的になることは良いことだ。

 

本日は、お昼から夕方の17時まで、TOASTMASTERSの役員研修があった。

TOASTMASTERSでは、各クラブに会長や会計などの役職が存在する。任期は7月から翌6月までの一年間で、再選はなし。一年間という短い期間でありながら、役員達は協力してクラブを運営していくのだ。

そんな役員達に対して、TOASTMASTERSでは役員研修が年に二回行われる。役員研修と言っても格式張ったものではなく、地域や範囲などで区切られたクラブの役員達が集まって、それぞれのクラブが抱える問題やその解決方法を議論しあう場だ。長丁場だし日曜日が潰れるので面倒ではあるが、クラブの活動に積極的に参加している感じがして非常にテンションが上がる。

今年私は、所属するクラブの副会長に選ばれた。副会長の役割は、会長をサポートするというよりも、クラブメンバーの教育方法を考えること。例えば例会のAgendaのコンテンツを変更したり、年間を通じたスケジュールを立てるなどだ。役員の中でも仕事が多いことが特徴だが、その分権限も大きいので、割と自由に自分が思うようにクラブを運営できるという利点がある。

役員研修では、副会長に求められる役割や、目指すべきゴールなどについて、他のクラブの人たちと議論した。年齢も性別も国籍も異なる人たちだったが、同じ役職に就いて、同じような問題を抱えていることを知って、自分もモチベーションが上がった。その他、研修では、クラブをより発展させるためにはどうすればいいかなどについて他のメンバーと議論した。一年間共にクラブの発展に努める人たちなだけあって、こちらも今後の活動に向けてのやる気が高まった。

 

何かに積極的になることは良いことだ。積極的に物事に関わることで、これまで見ることのできなかった世界を見ることができるし、他では得ることのできない経験をすることができる。もちろん、普段の仕事があるので、自分の時間の全てをTOASTMASTERSの活動に費やすわけにはいかないが、できる範囲でも積極的に一生懸命に関わることは、今後の自分にとって間違いなくプラスに働くし、貴重な経験ができると思う。

ただし、重要なのはエンジンを蒸し過ぎないこと。最初からいきなりフルスロットルで突っ走ると、絶対に途中で息切れしてしまう。なので、テンションが上がって走り出したくなっても、ほんの少しテンションを落として、自分のペースを掴むことが、長く物事に積極的に関わる上で重要だと思う。

本日の研修を経て、私のテンションもなかなか上がっているのだが、ここは一つ、ギアを落として進めることが重要と思う。せっかくの機会、途中で息切れしてしまってはもったいない。